ホーム

目次

ミカンの栄養
 
ミカンの栄養

 ミカンはビタミンCが豊富で、ミカン2個で大人の1日分が補充できるといわれています。ほかにもビタミンA、Pを含みます。ビタミンAはβカロチン、で温州みかん系に多いクリプトキサンチンはガンの抑制力が強いとガン学会での報告もあります。

 ビタミンPには血管壁を丈夫にする働きがあります。
 また、ミカンは繊維も多く腸内の浄化力があり、直腸ガン等になりにくくします。
 繊維は、ビタミンAやPと一緒に存在することにより、その効力を高めるそうです。
 ミカンを食べると風邪をひかないと言われていますが、それはシネフィリンが含まれているからです。このシネフィリンは温州みかん系特有の成分で、オレンジ等には極めて少ないそうです。

 栄養素は特に皮に多く含まれていて、ビタミンCは実の3倍、血管中のコレステロールを取り除くテレビン油も含まれています。
 ビタミンPは、白い綿状の甘皮の部分に多く含まれています。
 ですから、ミカンはできるだけ皮も食べるようにしましょう。

 生で食べるのはちょっとつらいかもしれませんので、ミカン風呂にしたり、干して陳皮を作るのもいいですね、干してしまうとビタミンは半分ほどになってしまいますが十分でしょう。陳皮は漢方薬に用いられるくらいですから……陳皮はミキサーやすり鉢で粉末状にして、七味に混ぜたり、料理の香り付けに使うとよいでしょう。

 カロリー(糖)は、ミカン1個でアメ玉1個分、3個でご飯1杯分ですので、ミカン2個でご飯2/3のカロリーでビタミンCは1日分、しかも風邪やガンの予防にもなるし、血行も良くなるし、美しくなる(便秘がなおる)。昔から、「ミカンが出回る頃になると医者は暇になる」と言われているほどです。

 


みかんの成分表
エネルギー44Kcal
有機質   ミネラル   ビタミン
水分 87.5g   Ca 22mg   レチノール 0μg
たんぱく 0.8g   P 17mg   カロチン 120μg
脂肪 0.1g   Fe 0.1mg   B1 0.10mg
糖質 10.9g   Na 1mg   B2 0.04mg
      K 150mg   ナイアシン 0.3mg
            C 35mg

目次

ホーム