ホーム目次DOS君の部屋へ

ドラセナ科の増やし方

 皆様の中に、観葉植物育てていて、気が付くとバランスが悪くなってしまった!どうしよぅ?と悩んでいる人もいるのでは、ないかと勝手に決め込み、その解決方法をお節介にも、お教えします。

 どの家庭にもある「青年の木」「幸福の木」「コンシンネン」の3点セットを対象にします。
 バランスの悪くなったものの根元を本体に沿ってカッターでスーッと切ります。

 次に簡単なやり方で缶コーヒーの空缶に水張って、切り口から1cmだけ水につける、だけでOK。2週間経つと根っこが顔出してきます。3cm以上伸びたら土に埋め戻すのもよし。ただし、植え替えは、これに限らず春先から、梅雨開け頃までですょ!根っこが数ミリの時はもうちょっと待ちましょう。

丁寧な育て方の方法

 切り口に水苔をぐるぐる巻いて、それごとフィルム空ケースにつっこみ、ケースに千枚通しで穴をプスプス開ける。苔が乾かないように毎日水を与えること。
 「コンシンネン」の切り方は一番下の葉っぱから数cmのところで切りましょう。あとは同じです。
 以上とっても簡単でしょう?写真右は「つた」ですが同様な方法で根がでてきました。

 肥料について。使用上の注意書き、よーく読んで使えば+ですが感情に流されて(1日10gより30g、1週間1回より3回等)やりすぎると浸透圧の関係で根元の養分が濃すぎて本体の全養分が逆流して根っこから土へ出ていってしまうと、それが「枯れてしまった」状態と言います。
 私情を入れず注意書き忠実に守ってけば植物喜びますよ!
付け加えで「金の成る木」も同様なやり方で増やせますョ!
 Let’s Try!

{戻る}